絶滅危惧種のフォッサを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネコ目 > フォッサ

フォッサ


フォッサ

和名 : フォッサ
学名 : Cryptoprocta ferox
分類 : ネコ目マダガスカルマングース科
分布地域 : マダガスカル島
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長70cm~80cm、尾長65cm~70cm、肩高約37cm、体重7kg~12kg。
体毛は赤茶色、爪を引っ込める事が出来る。

うさぎ 生態
ライン

フォッサ2
低地から標高2600mの森林や草原まで様々な場所に適応して棲息している。
樹上性で爪をフックの様に使い木を上る、一日の殆どの時間を樹上で過ごす。
最も活発になるのは深夜だが日中と夜間の両方で活動すると考えられている。寝る場所は毎日変える。

縄張りは約1平方キロメートルで尻尾の後ろから出る分泌液を岩や木に付けてマーキングする。

食物は、鳥類、哺乳類、昆虫、げっ歯類などを食べる、狩りは樹上と地上の両方で行われる。
母子を除き単独行動とされるが、3頭が協力してベローシファカを狩り、その後獲物の肉を共有した事例も確認されている。

繁殖期になるとオスは大きな声で鳴き攻撃的になる。
妊娠期間は3ヵ月で、12月~1月に2頭~4頭の子供を生む、子供は4ヵ月~5ヶ月で離乳をして、自分の縄張りを見つける15ヶ月~20ヶ月の間は母親と行動を共にする、性成熟は3年~4年、飼育下での寿命は約20年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン

フォッサ3
森林伐採による棲息地の消失、人間に害を与えると言うマダガスカルの伝説や家畜を襲う害獣として駆除されている事が脅威になっている。
個体数は2005年で約2500頭と推定されており、1987年~2008年の間で約30%減少している、

うさぎ 棲息している保護区
ライン


マダガスカル
マハジャンガ州
アンカラファンツィカ国立公園(Ankarafantsika National Park)

トアマシナ州
マソアラ国立公園(Masoala National Park)

フィアナランツァ州
南ミドンギ国立公園(Midongy du sud National Park)

ラノマファナ国立公園(Ranomafana National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク