絶滅危惧種のインドサイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ウマ目 > インドサイ

インドサイ


インドサイ

和名 : インドサイ
学名 : Rhinoceros unicornis
分類 : ウマ目サイ科
分布地域 : ブータン、ネパール、インド北部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


オスは体長360cm~380cm、肩高160cm~190cm、体重は平均2100kg。
メスは体長310cm~340cm。肩高147cm~173cm、体重は平均1600kg。
尾長は70cm~80cm。
体色は暗い灰色で、皮膚が分厚く装甲のように見えるが鎧の様に硬くはない。
角は約50cmまで伸びる。

うさぎ 生態
ライン

インドサイ2
沼地や川沿いの草原に棲息する。
母親と子供を除いて基本的に単独で行動するが、水場などは共同で使用する。

食物は、水生植物、果実、草本を食べる、1日の殆どを水浴びと食事の時間に使う。
時々非常に攻撃的になることがあり、特に縄張りに近づく者や子供を狙われた時は容赦なく襲い掛かってくる。

繁殖は3年に一度行い約16ヶ月の妊娠期間を経て1頭の子供を産む、離乳まで生後1年かかる。
メスは3年で性成熟するがオスは7年~9年かかる。
寿命は約40年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


かつてはインド北西部やパキスタンにも棲息していたが、インドサイの角がエイズなど難病の治療に有効と信じられた事で乱獲されこの地域では絶滅している、全個体数も20世紀初頭には100頭~200頭にまで減少していた。
現在、棲息地は厳しく管理され個体数も3000頭まで回復したが、密猟は完全にはなくなっていない。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


インド

アッサム州
カジランガ国立公園(Kaziranga National Park)

マナス国立公園(Manas National Park)

オラング国立公園(Orang National Park)

ウッタル・プラデーシュ州
ダファー国立公園(Dudhwa National Park)

西ベンガル州
ジャルダパラ国立公園(Jaldapara National Park)

ゴーウマーラ国立公園(Gorumara National Park)

ネパール
ナラヤニ県
チトワン国立公園(Chitwan National Park)

ベリ県
バルディヤ国立公園(Bardiya National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク