絶滅危惧種のクリイロジネズミオポッサムを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > オポッサム目 > クリイロジネズミオポッサム

クリイロジネズミオポッサム


クリイロジネズミオポッサム

和名 : クリイロジネズミオポッサム
学名 : Monodelphis rubida
分類 : オポッサム目オポッサム科
分布地域 : ブラジル(サンパウロ州、ゴイアス州、ミナジェライス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長約13cm、尾長約6cm。
体毛は背部が栗色で茶色い帯が3本ある、腹部は灰色。

うさぎ 生態
ライン


熱帯雨林や湿潤な草原に棲息している。
日中に活発になると考えられる。

食物は果物、種子、昆虫などを食べる。

繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


森林伐採による棲息地の消失で過去10年で個体数は20%減少していると推定されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク