絶滅危惧種のハンドリーマウスオポッサムを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > オポッサム目 > ハンドリーマウスオポッサム

ハンドリーマウスオポッサム


ハンドリーマウスオポッサム

和名 : ハンドリーマウスオポッサム
学名 : Marmosops handleyi
分類 : オポッサム目オポッサム科
分布地域 : コロンビア(アンティオキア県)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



うさぎ 形態
ライン


体長10cm~15cm、尾長約15cm。
体毛は背部が暗い茶色、下部はベージュや灰色をしている。

うさぎ 生態
ライン


山地の熱帯雨林に棲息している。
夜行性で、主に樹上で生活をする。

食物は果実や昆虫を食べる。

繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


これまでに2頭しか発見されていない。
発見された森林の周辺は農地への転換によって破壊されている。

ロンドン動物学会はハンドリーマウスオポッサムを絶滅する可能性が高い哺乳類100種の内の1種に挙げている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク