絶滅危惧種のマラジョージネズミオポッサムを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > オポッサム目 > マラジョージネズミオポッサム

マラジョージネズミオポッサム


マラジョージネズミオポッサム

和名 : マラジョージネズミオポッサム
学名 : Monodelphis maraxina
分類 : オポッサム目オポッサム科
分布地域 : ブラジル(マラジョー島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長13cm~20cm、尾長7cm~11cm。
体毛は全体的に灰色で腹部の色が薄くなる、尾は黒い。

うさぎ 生態
ライン


熱帯雨林や湿った草原に棲息している。
単独で昼夜行動をするらしい。

食物は果物、種子、昆虫などを食べる。

繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


恐らく棲息地の消失が脅威となっている。
個体数は少ないと考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク