絶滅危惧種のハミルトンツームコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ハミルトンツームコウモリ

ハミルトンツームコウモリ


ハミルトンツームコウモリ

和名 : ハミルトンツームコウモリ
学名 : Taphozous hamiltoni
分類 : コウモリ目サシオコウモリ科
分布地域 : チャド、ケニア、ソマリア、スーダン、タンザニア、ウガンダ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長10cm~12cm、前腕長6cm~7cm、尾長2cm~3cm、脚長1.5cm、耳長約2cm、体重約20g。
体毛は茶褐色で腹部や背部に毛は生えていない、腹部は僅かに明るい色になる。

うさぎ 生態
ライン


乾燥した森林や草原に棲息している。
洞窟を寝床としている。

食物は昆虫を食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1920年にイギリス人動物学者のオールドフィールド・トーマスによって新種と記載された。

脅威は不明だが、農地化の影響で棲息地を失っている可能性は高い。
少数の捕獲例があるのみで個体数も解っていない、確認はされていないが幾つかの保護区と分布が重なっていると考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク