絶滅危惧種のニアンガラオヒキコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ニアンガラオヒキコウモリ

ニアンガラオヒキコウモリ


ニアンガラオヒキコウモリ

和名 : ニアンガラオヒキコウモリ
学名 : Tadarida niangarae
分類 : コウモリ目オヒキコウモリ科
分布地域 : コンゴ民主共和国
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


前腕長5.2cm。
体毛の色は不明。
頭頂部に襞があり、上唇にも深い襞がある。

うさぎ 生態
ライン


湿潤なサバンナに棲息している。
洞窟をねぐらにしていると考えられる。

食物は恐らく昆虫を食べる。

繁殖に関しては不明。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1910年12月にコンゴ民主共和国北東部のニャンガラで捕獲されたのが唯一に検体となっている。
その後、アメリカ人動物学者のジョエル・アサフ・アレンによって新種と記載された。

脅威や個体数は不明、目撃報告も途絶えている事から既に絶滅している可能性もある。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク