絶滅危惧種のチチュウカイキクガシラコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > チチュウカイキクガシラコウモリ

チチュウカイキクガシラコウモリ


チチュウカイキクガシラコウモリ

和名 : チチュウカイキクガシラコウモリ
学名 : Rhinolophus euryale
分類 : コウモリ目キクガシラコウモリ科
分布地域 : 南コーカサス、トルコ、イスラエル、ヨルダンは、南ヨーロッパ、ポルトガル、スペイン、フランス、スロバキア、ハンガリー、スロベニア、ルーマニア、トルクメニスタン、イラン、アルジェリア、モロッコ、チュニジア、エジプト、地中海の島々。
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧 (NT)



うさぎ 形態
ライン


体長4.3cm~5.8cm、尾長2.2cm~3cm、体重8g~17.5g。
体色は背部が灰褐色で、腹部が黄白色。

うさぎ 生態
ライン


標高1100mまでの森林や洞窟に棲息している。

夕暮れになると餌を探しに洞窟から出てくる、食物は蛾などの昆虫を食べる。

洞窟は他の種類のコウモリと共有し、最大で2000頭になる。
繁殖方法は情報がない。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


棲息地の破壊や農薬散布、人間による撹乱が脅威になっている。
ヨーロッパでは上昇傾向だが他の地域では減少しているらしい。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ハンガリー
ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県
アグテレク国立公園(Aggtelek National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク