絶滅危惧種のペンバオオコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ペンバオオコウモリ

ペンバオオコウモリ


ペンバオオコウモリ

和名 : ペンバオオコウモリ
学名 : Pteropus voeltzkowi
分類 : コウモリ目オオコウモリ科
分布地域 : タンザニア(ペンバ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長25cm、翼開帳150cm~170cm、体重450g~600g
体毛は全体的に赤褐色、頭部と翼は黒い。
オスはメスよりも大きく、体毛は暗い。

うさぎ 生態
ライン


標高50mまでの一次林や二次林、マングローブ林に棲息している。
大きな木をねぐらとして使い、1つのねぐらに最大850頭近くのペンバオオコウモリがコロニーを作る事もある。

食物はマンゴー、パンノキ、イチジクの実や花を食べる。

交尾は1月~4月の間に行われ、出産は6月~8月に行われる。
生まれた子供は生後3ヶ月~6ヶ月で独り立ちをする。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


森林伐採による棲息地の破壊と、銃を使った食用としての狩猟によって、1990年代初頭には僅か数百頭にまで減少していた。

1995年より保護計画が開始され、棲息地の保護やコウモリの狩猟を島のほぼ全域で禁止した。
地元住民の協力もあり、2007年までに2万頭まで個体数を回復させている。

しかし、現在でも少数の狩猟や電線への接触事故は脅威として残り続けている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク