絶滅危惧種のマデイラアブラコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > マデイラアブラコウモリ

マデイラアブラコウモリ


マデイラアブラコウモリ

和名 : マデイラアブラコウモリ
学名 : Pipistrellus maderensis
分類 : コウモリ目ヒナコウモリ科
分布地域 : スペインのカナリア諸島(ラ・パルマ島、ラ・ゴメラ島、エル・イエロ島、テネリフェ島、テルセイラ島)、マデイラ諸島
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


前腕長約3.25cm。
体毛は全体的に茶色。

うさぎ 生態
ライン


森林や農地に棲息している。

食物は蛾やハエなどの飛行昆虫を食べる。

繁殖は廃屋や崖にコロニーを形成して行う。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


人間の影響の強い場所にもある程度適応してはいるが、やはり自然棲息地の減少が脅威になっている。
また、農薬散布や撹乱も問題になっている可能性がある。

個体数は2002年頃で1000頭以下と推定されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


スペイン
カナリア諸島
ガラホナイ国立公園(Garajonay National Park)

カナリア諸島(テネリフェ島)
テイデ国立公園(Teide National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク