絶滅危惧種のビンソンミゾコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ビンソンミゾコウモリ

ビンソンミゾコウモリ


ビンソンミゾコウモリ

和名 : ビンソンミゾコウモリ
学名 : Nycteris vinsoni
分類 : コウモリ目ミゾコウモリ科
分布地域 : モザンビーク
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長約12.5cm、前腕長5cm~5.5cm、脚長約1cm。
体毛はオレンジ色の体毛から成長するにつれて灰色がかってくる。

うさぎ 生態
ライン


モパネの生えた森林に棲息している。
バオバブの樹洞をねぐらとして利用する。

食物は昆虫を食べる。

繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


ウォルター・ダルキストによって1965年に新種と記載された。
以前はドブソンミゾコウモリの亜種とする説もあったが2004年より正式に独立種として扱われている。
脅威や個体数は不明、セーブ川南部からのみ知られている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


モザンビーク
イニャンバネ州
ジナブ国立公園(Zinave National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク