絶滅危惧種のインディアナホオヒゲコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > インディアナホオヒゲコウモリ

インディアナホオヒゲコウモリ


インディアナホオヒゲコウモリ

和名 : インディアナホオヒゲコウモリ
学名 : Myotis sodalis
分類 : コウモリ目ヒナコウモリ科
分布地域 : アメリカの中部と東部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長4cm~5cm、前腕長約4cm、体重5g~7g。
体毛は茶色や黒。

うさぎ 生態
ライン


夏季は森林に棲息するが、8月末頃から冬眠用の洞窟に移動を始め、10月~4月まで冬眠をする。

夜行性で、食物は、蛾、ハエ、トビケラ、カワゲラ、ハチ、甲虫、カゲロウなどを捕食する。
インディアナホオヒゲコウモリ2
妊娠期間は約60日で、1頭の子供を産む、生後約1ヶ月で飛べる様になる。
平均寿命は13年~14年で、最長20年生きる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


冬眠中の洞窟に観光客が訪れる事での撹乱が最大の脅威となっている。
1960年には約88万頭とされたが2003年には約39万頭となっており約60%減少している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


アメリカ

ケンタッキー州
マンモス・ケーブ国立公園(Mammoth Cave National Park)

テネシー州(ガトリンバーグ)、ノースカロライナ州(チェロキー)
グレート・スモーキー山脈国立公園(Great Smoky Mountains National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク