絶滅危惧種のハントウホオヒゲコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ハントウホオヒゲコウモリ

ハントウホオヒゲコウモリ


ハントウホオヒゲコウモリ

和名 : ハントウホオヒゲコウモリ
学名 : Myotis peninsularis
分類 : コウモリ目ヒナコウモリ科
分布地域 : メキシコ(バハ・カリフォルニア・スル州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長約5cm、前腕長約4cm。
体毛は全体的に暗褐色。

うさぎ 生態
ライン


熱帯落葉樹林に棲息している。
洞窟や空き家に寝床として、大きな洞窟内では約5000頭のコロニーも発見されている。

食物は主に昆虫を食べる。

妊娠しているメスが5月と6月に発見され、6月下旬と7月上旬に出産した例がある。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


棲息範囲が5000平方キロメートル未満しかなく、継続的な棲息地の消失が脅威になっている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


メキシコ
バハ・カリフォルニア・スル州
シエラ・デ・ラ・ラグナ生物圏保護区(Sierra de la Laguna Biosphere Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク