絶滅危惧種のヌマホオヒゲコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ヌマホオヒゲコウモリ

ヌマホオヒゲコウモリ


ヌマホオヒゲコウモリ

和名 : ヌマホオヒゲコウモリ
学名 : Myotis dasycneme
分類 : コウモリ目ヒナコウモリ科
分布地域 : ヨーロッパとロシアの広域
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



うさぎ 形態
ライン


体長5.7cm~6.7cm、翼幅20cm~30cm、体重14g~20g
体色は背部が濃い灰褐色、腹部は白灰色。

うさぎ 生態
ライン


水辺の近くに棲息している。
夏季は40頭~600頭の群れを作り樹木や家屋の屋根裏などで暮らす、冬季には洞窟やトンネルで冬眠する。

夜行性で夕暮れになると狩りに出かける、採食は水辺の周りで、ハエ、蛾、蚊、水生昆虫などを食べる。

繁殖は夏ごろ行われ、一度に1頭の子供を産む、メスの性成熟は約2年、寿命は長くて20年ほど生きる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


水質汚染による棲息地の消失と劣化、家屋の改築などによるねぐらの変化が脅威となっている。
最近では減少速度は緩やかになっている可能性もあるが、過去15年で30%近くは減少している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク