絶滅危惧種のサントメクビワフルーツコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > サントメクビワフルーツコウモリ

サントメクビワフルーツコウモリ


サントメクビワフルーツコウモリ

和名 : サントメクビワフルーツコウモリ
学名 : Myonycteris brachycephala
分類 : コウモリ目オオコウモリ科
分布地域 : サントメ・プリンシペ(サントメ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


前腕長6.4cm。
体毛は背部が褐色で、頭部は明るい褐色、腹部は灰色がかっている。

うさぎ 生態
ライン


サントメ島南部の標高300m~1200mの森林や農園に棲息している、海岸沿いや北部の乾燥した場所には棲息していない。

食性や繁殖に関しての情報は無い。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1889年にポルトガル人動物学者ホセ・ビセンテ・バルボサ・デュ・ボカージュによって新種と記載された。

森林伐採による棲息地の消失が脅威となっている。

島の北部にのみ棲息していて、棲息範囲は1000平方キロメートル以下と推定される。
これまでに3箇所で観察されているが、繁殖コロニーは発見されていない。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク