絶滅危惧種のヘイマンコケンショウフルーツコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > ヘイマンコケンショウフルーツコウモリ

ヘイマンコケンショウフルーツコウモリ


サンボーンコケンショウフルーツコウモリ

和名 : ヘイマンコケンショウフルーツコウモリ
学名 : Micropteropus intermedius
分類 : コウモリ目オオコウモリ科
分布地域 : アンゴラ(ドゥンド周辺)、コンゴ民主共和国(カナンガ周辺、中央州バナナ周辺)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


翼長6cm~7cm、尾長0.3cm~0.5cm、足長1.5cm~2cm、耳長約1.5cm。
体毛は全体的に薄茶色だが背部は濃くなっている、目は大きい、耳に毛は無く付け根が白くなっている。

うさぎ 生態
ライン


湿潤な森林やサバンナに棲息している。
コンゴ民主共和国では洞窟の入り口付近で捕獲されている。

食性に関しては解っていない。

繁殖も情報は少ないが、妊娠しているメスが6月と7月に捕獲されている。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


当初はサンボーンコケンショウフルーツコウモリと同種と考えられていたが、イギリス人生物学者であるロバート・ウィリアム・ヘイマンによって詳しく調査され、1963年から別種として扱われている。

脅威については良く解っていないが、棲息地周辺で行われている森林伐採は悪影響を与えていると考えられる。
これまでに捕獲されたのは4頭のみで、1950年代以降は捕獲された記録は無いと思われる。

保護対策は存在せず、保護区と重なっている棲息地も存在しない。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク