絶滅危惧種のエレンカグラコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > エレンカグラコウモリ

エレンカグラコウモリ


エレンカグラコウモリ

和名 : エレンカグラコウモリ
学名 : Hipposideros marisae
分類 : コウモリ目キクガシラコウモリ科
分布地域 : コー​​トジボワール、ギニア、リベリア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長6cm~6.5cm、前腕長約4cm、尾長約2cm、脚長0.8cm、耳長1.5cm。
体毛は背部が灰色がかった茶色で、腹部が薄い色になる、翼は濃い灰色。

うさぎ 生態
ライン


標高650m以下の森林に棲息している。
崖や洞窟をねぐらとして利用する。

食物は昆虫を食べる。

繁殖については情報がない。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


ポール・アレンによって1954年に新種と記載された。

森林伐採や鉱石の採掘作業、人による洞窟の撹乱が脅威となっている。
現在7箇所で棲息が確認されているが、シエラレオネやガーナにも分布が続いている可能性はある。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ギニア、コートジボワール
ニンバ山厳正自然保護区(Mount Nimba Strict Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク