絶滅危惧種のサンボーンコケンショウフルーツコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > サンボーンコケンショウフルーツコウモリ

サンボーンコケンショウフルーツコウモリ


サンボーンコケンショウフルーツコウモリ

和名 : サンボーンコケンショウフルーツコウモリ
学名 : Epomophorus grandis
分類 : コウモリ目オオコウモリ科
分布地域 : アンゴラ(ドゥンド周辺)、コンゴ共和国(ポワントノワール周辺)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長約10cm、翼長約6.5cm、尾長約0.8cm、脚長約2cm。
体毛は背部が暗い赤褐色で、腹部は薄い茶色になる、翼も薄茶色、目は大きく耳には毛が生えていない。

うさぎ 生態
ライン


湿潤な森林や草原に棲息している。

食物は果実を食べる。

9月にメスの子供が捕獲されたことがある。
恐らく梅雨前に出産を行うと考えられる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


アメリカ人の動物学者であるコリン・キャンベル・サンボーンによって1950年に新種と記載された。

棲息範囲内で森林伐採は行われいるがサンボーンコケンショウフルーツコウモリにどれ程の影響があるかなど正確な脅威は解っていない。

人間が入り込む事が難しい地域に棲息している為、個体数などの研究も行われていない。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク