絶滅危惧種のキティブタバナコウモリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > コウモリ目 > キティブタバナコウモリ

キティブタバナコウモリ


キティブタバナコウモリ

和名 : キティブタバナコウモリ
学名 : Craseonycteris thonglongyai
分類 : コウモリ目ブタバナコウモリ科
分布地域 : タイのクウェー川沿い
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長2.9cm~3.3cm、翼長2.2cm~2.6cm、体重1.7g~2g。
体色は赤褐色や灰色、鼻がブタの鼻の様な形をしている。

うさぎ 生態
ライン


標高500m以下の森林の洞窟に棲息している。
20の洞窟で確認されており洞窟1つ当たりに約100頭、最大で約500頭の群れで暮らしている。

一日の活動時間は短く夕方に約30分ほど活動して明け方に約20分活動する、食物はハエやハチを空中で捕まえて食べる。

繁殖期は4月~5月で通常1頭の子供を生む、給餌期間中は子供を巣に残して親だけで採食に出かける。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


森林伐採による餌不足が個体数が減少している最大の原因と考えられる。
また、1973年に発見されてからコレクションやお土産としての収集、僧侶が巣のある洞窟で瞑想する事による撹乱なども原因に挙げられる。
個体数は2000頭~3000頭。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


タイ

カーンチャナブリー県
サイヨーク国立公園(Sai Yok National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク