絶滅危惧種のサオラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ウシ目 > サオラ

サオラ


サオラ

和名 : サオラ
学名 : Pseudooryx nghetinhensis
分類 : ウシ目ウシ科
分布地域 : ベトナム、ラオス
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



うさぎ 形態
ライン


体長約180cm、肩高約90cm、体重約100kg。
体毛は暗茶色、顔に白い斑点がある、角は後方に反れていて約50cmまで伸びる。

うさぎ 生態
ライン


生態に関する情報は少ないが、密生した山地の森林に棲息して、冬季には低地に移動する。
飼育下では昼行性だが、環境によって変化する可能性もあり、野生下では夜に活発になるという報告もある。
単独か2頭~3頭の群れで行動する、犬に襲われたとき川に逃げ込み角を真っ直ぐ相手に向けたと言う報告がある事から外敵に襲われた時の対処法と考えられる。
顔にある臭腺を使って岩や木に自分の縄張りをマーキングする事が確認されている。
恐らく2月~3月に1頭の子供を出産する、妊娠期間は約8ヵ月。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1992年3月に3本の角がベトナムとラオスの国境付近で発見され、その後の調査で近辺に20頭以上が棲息している事が解り存在が明らかになった。
脅威としては森林伐採やハンティングトロフィーとしての狩猟が挙げられる、飼育下では何らかの理由で直ぐに死んでしまうため研究用として捕獲するペースが速い事も問題視されている。
全個体数は200頭~300頭と推定される。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ベトナム
ゲアン省
プーマット国立公園(Pu Mat National Park)

ハティン省
ブークアン国立公園(Vu Quang National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク