絶滅危惧種のキバノロを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ウシ目 > キバノロ

キバノロ


キバノロ

和名 : キバノロ
学名 : Hydropotes inermis
分類 : ウシ目シカ科
分布地域 : 中国、朝鮮半島、イギリス、フランス
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長77cm~100cm、体高45m~55cm、尾長5cm~6.5cm、体重9kg~14kg。
体毛は黄褐色で腹部は白い、オスにのみ牙がある。

うさぎ 生態
ライン

キバノロ2
湿地にも乾燥地にも棲息している。
殆どは単独で行動するが、稀に小さな家族群を形成する事もある。

早朝と夕方に活動をして、主に草本や葉、花などを食べる。
泳ぎが得意で、川を泳いで餌場に移動したりもする。

繁殖期は11月~1月で、この時期になるとオスは攻撃的になり他のオスに牙で攻撃をする。
妊娠期間は180日~210日で、平均で1頭~3頭の子供を産む。
性成熟は7ヶ月~8ヶ月で、寿命は10年~12年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


中国では棲息地の破壊や作物を荒らす害獣として駆除されることもある、またメスの初乳が薬として効果があると信じられており狩猟されている、北朝鮮では飢餓の影響で食用にされている可能性がある。
一方イギリスでは1890年に、フランスでは1954年に移入されたが目立った脅威も無く順調に繁殖している。

正確な個体数は不明だが全体で1万頭前後と考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


中国

江蘇省
塩城自然保護区(Yancheng Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク