絶滅危惧種のニルギリタールを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ウシ目 > ニルギリタール

ニルギリタール


ニルギリタール

和名 : ニルギリタール
学名 : Hemitragus hylocrius
分類 : ウシ目ウシ科
分布地域 : インド南部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長110cm~150cm、尾長10cm~15cm、肩高80cm~110cm。
体重はオスは約50kg、メスは80kg~100kg。
体毛は茶色く、背中に白い斑がある。

うさぎ 生態
ライン


標高1200m~2600mの産地の草原や岩棚に棲息する。
20頭~70頭の群れを作り、時に100頭を超える群れを形成する。

食物は早朝と夕方と夜に草や葉を食べに行き、昼間は崖の近くの岩の陰で休む、岩棚は天敵のトラやヒョウが近づくことが難しいため比較的安全であるという利点がある。

繁殖は一年中するが6月~7月に行われる事が多い、妊娠期間は約半年で1頭~2頭の子供を産む、4ヶ月~6ヵ月で離乳して、2年~3年で性成熟する。寿命は16年~18年とされる。

うさぎ 状況
ラインニルギリタール2


食用としての狩猟や家畜との競合が脅威になっている。
元々は狩猟組合によって狩猟が厳しく制限されていたが、管理が政府に移ると密猟が多発して個体数は激減していった。
1972年より保護法の制定といくつかの保護区が設立されたが現在も密猟は続けられている。
個体数は2008年で1800頭~2000頭程と推定されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


インド
ケーララ州
エラヴィクラム国立公園(Eravikulam National Park)

サイレントバレー国立公園(Silent Valley National Park)

ペリヤール国立公園(Periyar National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク