絶滅危惧種のソメワケダイカーを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ウシ目 > ソメワケダイカー

ソメワケダイカー


ソメワケダイカー

和名 : ソメワケダイカー
学名 : Cephalophus jentinki
分類 : ウシ目ウシ科
分布地域 : シエラレオネ、リベリア、コートジボワール
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長130cm~140cm、肩高75cm~80cm、尾長10cm~15cm、体重56kg~79kg。
体毛は首と頭が黒く、体は灰色で、四肢が白い。
約15cmの短い角が生えている。

うさぎ 生態
ライン


熱帯雨林や沼沢地に棲息している。
基本的には単独行動をすると見られるがツガイで活動している姿も確認されている。
強い縄張り性を持ち、顔から出る分泌液でマーキングをして侵入者があれば角を使って縄張りを守ろうとする。

食物は、木の葉、果実、根、昆虫、鳥類や小型哺乳類の死肉を食べる。
夜行性で日中は茂みの中に隠れている。

7ヶ月の妊娠期間を経て1頭の子供を産む。
性成熟はメスが9ヶ月~12ヶ月、オスが12ヶ月~18ヵ月。
寿命は10年~20年、最高21年生きた個体がいる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


食用としての狩猟や森林破壊が脅威になっている、リベリアの一部地域では農作物に被害を出す害獣として駆除されることもある。
棲息地のいくつかは保護区になっているが個体群を維持できる規模のものは殆どない、個体数は1999年で3500頭と推定された。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


リベリア
シノエ郡
サポ国立公園(Sapo National Park)

コートジボワール
低サッサンドラ州、中カヴァリ州
タイ国立公園(Tai National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク