絶滅危惧種のコープレイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ウシ目 > コープレイ

コープレイ


コープレイ

和名 : コープレイ
学名 : Bos sauveli
分類 : ウシ目ウシ科
分布地域 : カンボジア、ベトナム
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



うさぎ 形態
ライン


体長180cm~220cm、肩高150cm~190cm、体重500kg~900kg。
体毛は灰色、オスの角は最大80cmにもなり先端が擦り切れてささくれのようになる、メスの角は竪琴のリラの様な形になると言われていたが別種のウシ科の動物であるリンドンと混同されている可能性がある。
胸部の肉垂は年齢と共に巨大になり特にオスは地面に付くほど大きくなる。

うさぎ 生態
ライン


なだらかな丘陵地帯にある草原や林に棲息している。
季節によって群れの構成が変わり、乾季には20頭以上の群れや別種のウシとの混群を形成する、雨季になると単独やオスのみの群れを形成する。

水のある場所を好み食物は主に草本を食べる。

4月頃に交尾をして12月~2月に1頭の子供を出産する、出産時期になるとメスは群れを離れ子供が生後1ヶ月程になってから群れに戻ってくる。
寿命は約20年と考えられている。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1937年の発見時で既に1000頭程しか棲息していなかったが、その後肉や角を狙った狩猟によって個体数は徐々に減少していき1983年以降に発見報告はなくなっている。
生存していたとしても250頭以下と見積もられており、既に絶滅している可能性も高い。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


カンボジア
モンドルキリ州
モンドルキリ保護森林(Mondulkiri Protection Forest)

プノンプリッチ野生動物保護区(Phnom Prich Wildlife Sanctuary)

ラタナキリ州、モンドルキリ州、クラチエ州
ロンパット野生生物保護区(Lomphat Wildlife Sanctuary)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク