絶滅危惧種のヒメポタモガーレを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > アフリカトガリネズミ目 > ヒメポタモガーレ

ヒメポタモガーレ


ヒメポタモガーレ

和名 : ヒメポタモガーレ
学名 : Micropotamogale lamottei
分類 : アフリカトガリネズミ目テンレック科
分布地域 : リベリア、コートジボワール、ギニア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長12cm~20cm、尾長10cm~15cm、体重130g。
体毛は灰色や茶色。

うさぎ 生態
ライン


標高1000m以下の河川や沼地の近くの森林に棲息している。
夜行性で半水生、水中では足と尾を巧みに使って泳ぐ。
外敵に追われた時などは最長で約15分水に潜っている事ができる。

食物は、甲殻類、貝類、魚類、昆虫、オタマジャクシなどを一日に約40g食べる。
獲物を探す時は視力ではなく触覚(髭)を使う。

恐らく一夫多妻で年数回繁殖する、妊娠期間は約50日で、メスは1頭~4頭の子供を産む。
生後約20日で目が開き、生後約40日で固形物を食べ始める。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


工業や農業による棲息地の劣化、魚網に絡まる事による窒息事故が脅威となっている。

個体数は4000頭程と推定され、年間約500頭のペースで減少していると言われている。
この速度で減少が続けば2020年までにヒメポタモガーレは絶滅するという予測もある。

また、ロンドン動物学会はヒメポタモガーレを絶滅する可能性が高い哺乳類100種の内の1種に挙げている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ギニア、コートジボワール
ニンバ山厳正自然保護区(Mount Nimba Strict Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク