絶滅危惧種のオオキンモグラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > アフリカトガリネズミ目 > オオキンモグラ

オオキンモグラ


オオキンモグラ

和名 : オオキンモグラ
学名 : Chrysospalax trevelyani
分類 : アフリカトガリネズミ目キンモグラ科
分布地域 : 南アフリカ共和国(東ケープ州のイースト・ロンドン周辺、スツッターハイム周辺、キングウィリアムタウン周辺、ポート・セント・ジョーンズ周辺など)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長20cm~24cm、体重150g。
体毛は金色がかった赤茶色。耳と尾は無い。

うさぎ 生態
ライン


柔らかい土壌の森林に棲息している。
樹木の下などに最大で13mになる長い巣穴を掘る、冬の間は巣穴で冬眠する。
夜行性で、単独で行動すると考えられる。

視力が無く、地中で殆どの時間を過ごす。
食物はミミズやトカゲ、昆虫を食べる。

繁殖は雨季に行い、約2頭の子供を産む。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


都市開発、森林伐採、過放牧や犬からの捕食によって個体数を減らしている。
特にイースト・ロンドンでは都市開発や観光開発が活発で激しい圧力を受けている。

17箇所で棲息が確認されていたが、幾つかの地域では既に絶滅していると考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク