絶滅危惧種のソマリヒメキンモグラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > アフリカトガリネズミ目 > ソマリヒメキンモグラ

ソマリヒメキンモグラ


ソマリヒメキンモグラ

和名 : ソマリヒメキンモグラ
学名 : Chlorotalpa tytonis
分類 : アフリカトガリネズミ目キンモグラ科
分布地域 : ソマリア(中部シャベーラ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


情報が無いので不明。

うさぎ 生態
ライン


草原や低木地に棲息している。

情報が無いため生態は全く不明だが、他のキンモグラ科の動物から推定すれば、恐らく昆虫やミミズを食べ、巣穴を掘り、繁殖期には1頭か2頭の子供を生むと考えられる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1964年にフクロウのペレットから半分消化されている状態で発見された、現在までこれ以外の発見報告は無い。
脅威や個体数など殆ど解明されていない。

1968年にイタリア人動物学者のアルベルト・シモネッタによって新種と記載された。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク