絶滅危惧種のミドリヒメキンモグラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > アフリカトガリネズミ目 > ミドリヒメキンモグラ

ミドリヒメキンモグラ


ミドリヒメキンモグラ

和名 : ミドリヒメキンモグラ
学名 : Chlorotalpa duthieae
分類 : アフリカトガリネズミ目キンモグラ科
分布地域 : 南アフリカ(東ケープ州、西ケープ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長10cm~12cm。
体毛は背部が緑がかった暗褐色、腹部は明るい色になる。

うさぎ 生態
ライン


海岸線の砂質の土壌に棲息している。

食性や繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1907年に南アフリカの古人類学者ロバート・ブルームによって新種と記載された。

海岸の観光開発や都市開発、ペットからの捕食が脅威となっている。
現在、6箇所の棲息地が確認されており、保護区に含まれている地域も存在するが、それ以外の多くの地域は開発によって劣化している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


南アフリカ
西ケープ州、東ケープ州
チチカマ国立公園(Tsitsikamma National Park)

西ケープ州
ウィルダネス国立公園(Wilderness National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク