絶滅危惧種のマメシギダチョウを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > シギダチョウ目 > マメシギダチョウ

マメシギダチョウ


マメシギダチョウ

和名 : マメシギダチョウ
学名 : Taoniscus nanus
分類 : シギダチョウ目シギダチョウ科
分布地域 : ブラジル(ブラジリア連邦直轄区、ミナスジェライス州、ゴイアス州、マットグロッソ・ド・スル州、サンパウロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長13cm~16cm、体重40g~45g。
体毛は背部が灰褐色で黒と灰色の斑模様、下部は薄い色になる。

鳥アイコン 生態
ライン

マメシギダチョウ2
標高700m~1000mの草原に棲息している。
飛行能力はあるが殆ど飛ぶ事はない。

食物は、草本、種子、昆虫などを食べる。

繁殖は9月~10月頃で飼育下では約3個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


棲息地の草原は1950年代から大規模な農地化や植林が始まり1993年までに3分の2が失われている。
地域によっては食用として狩猟される場合もある。
個体数は約1万羽と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
ゴイアス州
ヴェアデイロス平原国立公園(Chapada dos Veadeiros National Park)

ゴイアス州、マットグロッソ・ド・スル州
エマス国立公園(Emas National Park)

ミナスジェライス州
カナストラ山脈国立公園(Serra da Canastra National Park)

セラ・デ・シポ国立公園(Serra do Cipó National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク