絶滅危惧種のハナジロコノハズクを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > フクロウ目 > ハナジロコノハズク

ハナジロコノハズク


ハナジロコノハズク

和名 : ハナジロコノハズク
学名 : Otus sagittatus
分類 : フクロウ目フクロウ科
分布地域 : マレーシア、ミャンマー、タイ、インドネシア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長27cm~29cm。
体毛は全体的に褐色で細かい斑点がある、胸部から腹部は淡い色で顔が白い、羽角が長く耳のように見える。

鳥アイコン 生態
ライン


標高700mまでの湿った森林に棲息している。
夜行性である。

食物は昆虫で、特に蛾を好んで食べる。

繁殖期は2月~3月頃と考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


本種が棲息している低地の森林は開発によって減少している。
インドネシアのスマトラ半島では1例しか記録がなく現在も棲息しているかは不明。
個体数は1万羽前後と思われる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


タイ
ペッチャブリー県、プラチュワップキーリーカン県
ケーンクラチャン国立公園(Kaeng Krachan National Park)

ウタイターニー県、ターク県
フワイ・カーケン野生生物保護区(Huai Kha Khaeng Wildlife Sanctuary)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク