絶滅危惧種のハインロートミズナギドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ミズナギドリ目 > ハインロートミズナギドリ

ハインロートミズナギドリ


ハインロートミズナギドリ

和名 : ハインロートミズナギドリ
学名 : Puffinus heinrothi
分類 : ミズナギドリ目ミズナギドリ科
分布地域 : パプアニューギニア(ニューブリテン島)、ソロモン諸島(コロンバンガラ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


全長約30cm。
体毛は暗褐色だが、腹部と翼の一部が白い。

鳥アイコン 生態
ライン


繁殖期以外は海洋に棲息している。

食物は恐らく魚類やイカなどを食べている。

繁殖についての情報は無いが、人が入り込めない様な高山に繁殖地があると考えられる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1934年以降発見された記録が途絶えていたが、1979年にニュージーランドの鳥類学者ドン・ハデンによって再発見された。

繁殖地があるとされるニューブリテン島やコロンバンガラ島はネコやネズミが棲息している事から、雛鳥や卵を捕食されている可能性がある。
個体数は1000羽前後と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク