絶滅危惧種のキアシミツオシエを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > キツツキ目 > キアシミツオシエ

キアシミツオシエ


キアシミツオシエ

和名 : キアシミツオシエ
学名 : Melignomon eisentrauti
分類 : キツツキ目ミツオシエ科
分布地域 : リベリア、シエラレオネ、カメルーン、ギニア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



鳥アイコン 形態
ライン


全長12cm。
体毛は頭部と背部が灰色がかった緑で、喉から腹部が白い、足の色は黄色。

鳥アイコン 生態
ライン


山地の斜面の森林に棲息している。

蜂の巣を見つけると鳴き声で哺乳類に巣の場所を教え、哺乳類が巣を食べた後に食べ残した蜜を採食する。
その他には、昆虫、果実、種子などを食べる。

繁殖に関する情報はないが、托卵の習性を持っているとされる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採や鉱業の圧力によって恐らく減少傾向にある。
個体数は不明だが棲息範囲の狭さから多くは無いと考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


コートジボワール
タイ国立公園(Taï National Park)

モンペコ国立公園(Mont Péko National Park)

ナイジェリア
エド州
オコム国立公園(Okomu National Park)

クロスリバー州
クロスリバー国立公園(Cross River National Park)

ガーナ
セントラル州
カクム国立公園(Kakum National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク