絶滅危惧種のアンデスフラミンゴを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > フラミンゴ目 > アンデスフラミンゴ

アンデスフラミンゴ


アンデスフラミンゴ

和名 : アンデスフラミンゴ
学名 : Phoenicoparrus andinus
分類 : フラミンゴ目フラミンゴ科
分布地域 : アルゼンチン、ペルー、ボリビア、チリ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約110cm。
体毛は淡いピンク、くちばしは付け根は黄色く先端は黒い。
雛鳥の体毛は灰色。

鳥アイコン 生態
ライン


プーナと呼ばれるアンデス山脈の標高3000m~5000mにある高原の塩湖に棲息している。
アンデスフラミンゴ2
食物は塩湖の浅瀬で藻類などを食べている。

普段は小さな群れで生活しているが、繁殖期になると様々な鳥類が加わった巨大な群れを作り繁殖する、泥で出来た巣の上に卵を通常1つ産み約1ヵ月抱卵する、孵化した雛は2ヶ月半~3ヶ月で巣立つ。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


食用や薬用としての狩猟や、市場で販売する為に大量の卵が盗まれるなどして、1970年代には15万羽いたが、現在は約3万5千羽にまで減少している。

最近では棲息地周辺の鉱山開発によって水質が汚染されている事が深刻な問題となっている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ペルー
モケグア県、アレキパ県
サリナス・アガーダ・ブランカ国立保護区(Salinas and Aguada Blanca National Reservation)

チリ
アントファガスタ州
ロス・フラメンコ国立保護区(Los Flamencos National Reserve)

ボリビア
ポトシ県
エドゥアルド・アバロア国立アンデス自然保護区(Eduardo Avaroa Andean Fauna National Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク