絶滅危惧種のハゲトキを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > ペリカン目 > ハゲトキ

ハゲトキ


ハゲトキ

和名 : ハゲトキ
学名 : Geronticus calvus
分類 : ペリカン目トキ科
分布地域 : 南アフリカ、スワジランド、レソト
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約80cm、体重約1.3kg。
体毛は光沢のある黒で、肩羽は紫や青みがかっている、頭部には毛が無く頭頂部が赤くなっている。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1200m~1800mの年間降雨量が700mm以上の山地の草原に棲息している。
小さな群れを形成して行動する事が多い。
ハゲトキ2
食物はカタツムリ、小型哺乳類の死骸、トカゲ、昆虫などを食べる。

繁殖は6月頃になるとコロニーを形成して崖壁に営巣する。
メスは2個~3個の卵を産み、約3週間抱卵する、孵化した雛鳥は約2ヶ月で飛べる様になる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


昔からズールー人の間では薬用として狩猟され、ボーア人はボーア戦争が始まった際には食料不足を補うため食用として狩猟していた。
その後入植してきた英国人も毛皮と肉を目当てに狩猟するなどハゲトキは歴史的に常に人間に狙われて来た、現在は保護されてはいるが狩猟圧は無くなっていない。

更に植林や鉱業による棲息地と繁殖地の破壊、農薬散布、人間の生活圏の拡大も脅威となっている。

個体数は最大で1万羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


南アフリカ
フリーステイト州
ゴールデンゲートハイランズ国立公園(Golden Gate Highlands National Park)

スワジランド
マンジニ地方
マロロチャ自然保護区(Malolotja Nature Reserve)

レソト
クァクハスネック県
セサバテーベ国立公園(Sehlabathebe National Park)

(動物園)
ドイツ
ニーダーザクセン州
ヴァルスローデ鳥類園(Weltvogelpark Walsrode)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク