絶滅危惧種のアノボンメジロを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > アノボンメジロ

アノボンメジロ


アノボンメジロ

和名 : アノボンメジロ
学名 : Zosterops griseovirescens
分類 : スズメ目メジロ科
分布地域 : 赤道ギニア(アンノボン島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約12cm、体重約10g。
体毛は背部が茶色がかったオリーブグリーンで、下部はオリーブがかった黄色、わき腹はオリーブがかった茶色、目の周りは白い。

鳥アイコン 生態
ライン


原生林や二次林、農地など様々な場所に棲息している。
ツガイから最大10羽程の群れを形成する。

食物は昆虫や種子を食べる。

繁殖期は10月~12月で、枝や草でカップ状の巣を作り、約2個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


環境の変化に強く農園や二次林にも棲息できるため個体数は安定している。
しかし、棲息範囲が狭い事もありハリケーンや火災が発生すると、瞬く間に絶滅してしまう可能性もある。

個体数は2000羽前後と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク