絶滅危惧種のナミガタヤブチメドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ナミガタヤブチメドリ

ナミガタヤブチメドリ


ナミガタヤブチメドリ

和名 : ナミガタヤブチメドリ
学名 : Turdoides hindei
分類 : スズメ目チメドリ科
分布地域 : ケニア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長20cm~23cm、翼長約10cm。
体毛は全体的に黒く、下腹部は黄褐色、毛先が白い。

鳥アイコン 生態
ライン


標高1000m~1700mの河川周辺の開けた森林の藪に棲息している。
単独から7羽ほどの群れで行動する。

食物は昆虫や種子を食べる。

繁殖は雨季に行われる、育雛は群れ内部の非繁殖鳥も参加している可能性がある。
巣は樹上に作られ、2個~3個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


農地拡大によって棲息地が破壊されている。
かつて1万7500平方キロメートルあった棲息地は、1971年までに1050平方キロメートルまで減少している。

1950年代までは普通に見られた様だが、2001年の調査では約3000羽と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ケニア
東部州
メルー国立公園(Meru National Park)

ムエア国立保護区(Mwea National Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク