絶滅危惧種のトウバラアリサザイを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > トウバラアリサザイ

トウバラアリサザイ


トウバラアリサザイ

和名 : トウバラアリサザイ
学名 : Terenura sicki
分類 : スズメ目アリドリ科
分布地域 : ブラジル(ペルナンブーコ州、アラゴアス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約10cm。
体毛は背部が黒く白い班がある、翼には白い帯が2本ある、下部は白い。
メスは頭頂部が黒く白い縦班がある、背部は赤褐色、翼には白い帯が2本ある、下部は黄色がかった白。

鳥アイコン 生態
ライン


標高400m~800mの湿潤な森林に棲息している。
ツガイや混群を形成して行動する。

食物は、カブトムシ、ゴキブリ、アリなどの昆虫を食べる。

繁殖は11月~2月に行い地上約10mの樹上に巣を作り産卵をする。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


棲息範囲が126平方キロメートルと非常に狭く、ペルナンブーコ州にあるノヴォ・リノ、アグア・アズール、フレイカネカと、アラゴアス州にあるペドラタリャーダ、ウジーナ・セラ・グランデ、ムリシの6箇所からのみ知られている。

牧草地や農園建設による森林伐採で棲息地は大きく消失している。
ムリシでは1970年代には70平方キロメートルあった森林が、1990年代までに30平方キロメートルまで減少した。

個体数は1000羽前後と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
アラゴアス州
ペドラタリャーダ生物保護区(Pedra Talhada Biological Reserve)

ムリシ生態系保護拠点(Murici Ecological Station)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク