絶滅危惧種のニシキフウキンチョウを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ニシキフウキンチョウ

ニシキフウキンチョウ


ニシキフウキンチョウ

和名 : ニシキフウキンチョウ
学名 : Tangara fastuosa
分類 : スズメ目フウキンチョウ科
分布地域 : ブラジル北東部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長13cm~14cm、体重約8g。
体毛は、頭部、胸部、腹部、翼、尾は青系色、背部は黒く、三列風切羽はオレンジ色。

鳥アイコン 生態
ライン


湿度の高い原生林に棲息している。

食物は、果物、果実、昆虫を食べる。

繁殖期は10月~3月で着生植物のアナナスに巣を作る、卵は3個~4個産み、15日~17日間抱卵する、性成熟には約1年かかる。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ペット用の密猟や森林伐採によって個体数は減少している。
特に森林伐採は深刻で、元々あった棲息地の98%がサトウキビ畑や牧草地に転換され失われている。

2000年より保護計画が始まっている。
個体数は2500羽~1万羽とされる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
ペルナンブーコ州
ペドラタリャーダ生物保護区(Pedra Talhada Biological Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク