絶滅危惧種のプリンシペメジロモドキを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > プリンシペメジロモドキ

プリンシペメジロモドキ


プリンシペメジロモドキ

和名 : プリンシペメジロモドキ
学名 : Speirops leucophoeus
分類 : スズメ目メジロ科
分布地域 : サントメ・プリンシペ(プリンシペ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約12cm。
体毛は頭部が灰白色で顔は白い、背は灰褐色で、翼と尾は褐色、下部は灰白色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高800mまでの森林や農園に棲息している。

食物は昆虫、種子、果実を食べる。

繁殖期は5月~9月で、コケや枝で作った巣の中に約2個の卵を産む。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1857年に発見された種で、発見当初はガボンにも棲息しているとされたがこれは誤りでプリンシペ島の固有種である。

1970年代~1990年代の個体数の減少は農薬散布の影響と考えられる。
今後は農地の増加など土地利用の変化で個体数が減少していく可能性がある。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク