絶滅危惧種のウスグロダルマエナガを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ウスグロダルマエナガ

ウスグロダルマエナガ


ウスグロダルマエナガ

和名 : ウスグロダルマエナガ
学名 : Sinosuthora zappeyi
分類 : スズメ目ダルマエナガ科
分布地域 : 中国(四川省、貴州省)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長12.5cm。
体毛は背部が赤褐色で翼と尾が灰褐色、胸部は灰色で腹部が茶色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高2400m~3400mの森林に棲息している。

小さな群れを形成して、食物は、果実、昆虫、種子を食べる。

繁殖方法は不明、巣は竹の葉やコケで作る。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採による棲息地の消失が脅威となっている。
四川省では1960年以降木材や牧草地のために急速に伐採されている。

峨眉山などの保護区では比較的安定している。
個体数は約1万羽と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


中国
四川省
峨眉山(Mount Emei)

馬辺大風頂自然保護区(Mabian Dafengding Nature Reserve)

美姑大風頂自然保護区(Meigu Dafengding Nature Reserve)

貴州省
草海国家級自然保護区(Caohai National Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク