絶滅危惧種のブラジリアオタテドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ブラジリアオタテドリ

ブラジリアオタテドリ


ブラジリアオタテドリ

和名 : ブラジリアオタテドリ
学名 : Scytalopus novacapitalis
分類 : スズメ目オタテドリ科
分布地域 : ブラジル(ブラジリア連邦直轄区、ミナスジェライス州、ゴイアス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



鳥アイコン 形態
ライン


体長11cm~12cm、体重約19g。
体毛は背部が黒、喉から胸が灰色で腹部と脇腹が赤褐色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高800m~1200mの森林の湿った下草に棲息している。
基本的に単独で行動する。

食物は地面にいる昆虫類を中心に食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


6箇所から棲息が確認されているが、多くの地域は農地拡大や火災の影響で失われている。
カナストラ山脈国立公園では十分に保護されているようである。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
ミナスジェライス州
カナストラ山脈国立公園(Serra da Canastra National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク