絶滅危惧種のヨコジマメガネヒタキを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ヨコジマメガネヒタキ

ヨコジマメガネヒタキ


ヨコジマメガネヒタキ

和名 : ヨコジマメガネヒタキ
学名 : Platysteira laticincta
分類 : スズメ目メガネヒタキ科
分布地域 : カメルーン(バメンダ高原)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約15cm、翼長約7cm。
体毛は頭部から背部が金属光沢のある藍色、胸部は黒く、腹部は白い、目の周りは毛が無く赤い皮膚が裸出している。

鳥アイコン 生態
ライン


山地林に棲息している。
単独又はツガイで行動する姿が観察されている。

食物は主に昆虫を食べる。

繁殖期は乾季で、11月頃に巣を作り始め、1月~3月頃に繁殖する。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


ヨコジマメガネヒタキはバメンダ高原にのみ棲息している分布の狭い鳥類である。
一部は地域は保護される動きもあるが、まだ多くの棲息地は保護されておらず農地や牧草地を作る為の森林伐採によって今も狭まり続けている。
個体数は約1万羽と推定される。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク