絶滅危惧種のアカガオコバシハエトリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > アカガオコバシハエトリ

アカガオコバシハエトリ


アカガオコバシハエトリ

和名 : アカガオコバシハエトリ
学名 : Phylloscartes roquettei
分類 : スズメ目タイランチョウ科
分布地域 : ブラジル(ミナスジェライス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



鳥アイコン 形態
ライン


体長10cm~12cm。
体毛は茶色を帯びた緑色で額が赤褐色になる、下部は明るい黄色。

鳥アイコン 生態
ライン


乾燥林や河川近くの森林に棲息している。
殆どの場合ツガイでいる姿が確認されている。

食物は主に昆虫を食べる。

繁殖は抱卵している姿が11月に確認されている。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1926年に発見された後しばらく見られない期間が続いたが1977年に再発見された、その後は定期的に目撃報告がある。

現在も牧草地や農地建設によって非常に狭い棲息地が失われ続けている。
個体数は数百羽程と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
ミナスジェライス州
ペルアス洞窟群国立公園(Cavernas do Peruaçu National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク