絶滅危惧種のレスティンガコバシハエトリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > レスティンガコバシハエトリ

レスティンガコバシハエトリ


レスティンガコバシハエトリ

和名 : レスティンガコバシハエトリ
学名 : Phylloscartes kronei
分類 : スズメ目タイランチョウ科
分布地域 : ブラジル
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長12cm。
体毛は背部がオリーブ色で翼と尾が黒っぽい色をしており、翼には2本の黄色い線がある、下部は薄い黄色。

鳥アイコン 生態
ライン


海岸や河川近くの湿潤な森林に棲息している。
単独かツガイ、他の鳥類との混群を形成する事もある。

食物は主に昆虫や小さな果実を食べる。

繁殖は9月~10月頃に木の枝に葉や小枝を使って巣を作り行う。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


海岸線の住宅建設によって急速に棲息地を失っている。
個体数は1万羽前後と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


ブラジル
サンパウロ州
カルドーゾ島州立公園(Ilha do Cardoso State Park)

パラナ州
スペラグイ国立公園(Superagüi National Park)

サンタカタリーナ州
セーハ・ド・タブレイロ州立公園(Serra do Tabuleiro state park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク