絶滅危惧種のリベリアヒヨドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > リベリアヒヨドリ

リベリアヒヨドリ


リベリアヒヨドリ

和名 : リベリアヒヨドリ
学名 : Phyllastrephus leucolepis
分類 : スズメ目ヒヨドリ科
分布地域 : リベリア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約15cm。
体毛は背部がオリーブ色で、腹部が薄い黄色、尾羽は赤褐色。

鳥アイコン 生態
ライン


熱帯雨林に棲息している。
他の鳥類と混群を形成する。

食性や繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


かなり希少な鳥でリベリアのグランドゲデ郡ズウェドルの北西20kmの地点にあるカバラ川近くの2箇所の森林からしか目撃報告が無い、棲息範囲は100平方キロメートル未満と考えられている。
唯一捕獲された検体はドイツのボンにあるアレクサンダー・ケーニッヒ博物館に保管されている。

2010年7月に集中的な調査が行われているが発見には至らなかった、最後の目撃報告は1984年となっている。

現在、棲息地周辺は森林伐採によって酷く劣化している。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク