絶滅危惧種のトリスタンフィンチを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > トリスタンフィンチ

トリスタンフィンチ


トリスタンフィンチ

和名 : トリスタンフィンチ
学名 : Nesospiza acunhae
分類 : スズメ目ホオジロ科
分布地域 : イギリス(トリスタンダクーニャ諸島のイナクセシブル島、ナイチンゲール諸島のナイチンゲール島、ミドル島、ストルテンホフ島)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


体長約18cm。
体毛は背部がオリーブがかった緑色、下部はオリーブがかった黄色。

鳥アイコン 生態
ライン


標高600m付近までの草原に棲息している。

食性は環境によって異なる様で、イナクセシブル島では主に種子を食べ、ナイチンゲール島では昆虫を食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


現在、目立った脅威は存在していないと考えられる。
イナクセシブル島やナイチンゲール島には豊富に分布しており、ミドル島とストルテンホフ島では個体数は少数だが安定している。
しかし、かつて大量のトリスタンフィンチが棲息していたトリスタンダクーニャ島では移入してきたドブネズミやネコからの捕食によって19世紀末までに絶滅している事もあり、もしも外部から捕食動物が入り込んできた場合には短時間で絶滅してしまう可能性もある。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


イギリス
イナクセシブル島
ゴフ島とイナクセシブル島(Gough and Inaccessible Islands)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク