絶滅危惧種のオオケビタイオタテドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > オオケビタイオタテドリ

オオケビタイオタテドリ


オオケビタイオタテドリ

和名 : オオケビタイオタテドリ
学名 : Merulaxis stresemanni
分類 : スズメ目オタテドリ科
分布地域 : ブラジル(バイーア州、ミナスジェライス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長19cm~20cm。
体毛は全体的に青褐色で、背中の後方や腰は赤褐色。
メスは背部が褐色で下部は赤褐色。
雌雄共に額の脇から飾り羽が生えている。

鳥アイコン 生態
ライン


標高800m以下の大西洋岸森林に棲息している。

食物は昆虫を中心に食べる。

繁殖方法は不明。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


1830年代にバイーア州のサルヴァドールで捕獲された1羽と、1945年に同州のイリェウスで捕獲された1羽しか採集された記録が無い。
最近では1995年にウナ生物保護区周辺にある農園で数羽が発見されており、2005年にミナスジェライス州でも棲息している姿が確認されている。

脅威としては農園建設や森林火災による棲息地の破壊が挙げられる。
個体数は200羽以下と考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク