絶滅危惧種のアンゴラクロオビヤブモズを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > アンゴラクロオビヤブモズ

アンゴラクロオビヤブモズ


アンゴラクロオビヤブモズ

和名 : アンゴラクロオビヤブモズ
学名 : Malaconotus monteiri
分類 : スズメ目モズ科
分布地域 : アンゴラ、カメルーン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



鳥アイコン 形態
ライン


体長27cm。
体毛は頭頂部から後頭部は灰色で、背部は緑色で翼に黄色い斑点がある、下部は黄色い。

鳥アイコン 生態
ライン


熱帯の山地林に棲息している。

調査が進んでいない謎の多い鳥で、食性や繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採が脅威となっている。

1992年の調査ではアンゴラでは発見されず、カメルーンのクペ山で1羽が確認されたのみだった。
個体数は不明だが、多くは無いと考えられる。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク