絶滅危惧種のセグロオオヤブモズを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > セグロオオヤブモズ

セグロオオヤブモズ


セグロオオヤブモズ

和名 : セグロオオヤブモズ
学名 : Malaconotus alius
分類 : スズメ目モズ科
分布地域 : タンザニア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



鳥アイコン 形態
ライン


体長20cm~24cm。
体毛は背部が黒で、胸部オリーブ色で腹部は黄色い。

鳥アイコン 生態
ライン


ウルグル山系の標高1200m~2100mの森林に棲息している。
オオヤブモズと混群を形成する事が多い。

食物は単独やツガイで採食して、主に昆虫を食べる。

繁殖期に関しては不明だが、3月頃の可能性がある、7月にひな鳥が確認されている。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


森林伐採によって棲息地が失われている。
個体数は約3500羽で安定しているが、棲息地の森林面積は1955年に300平方キロメートルになり、2001年には230平方キロメートルまで減少している。

残された棲息地の大部分はウルグル自然保護区に含まれているが、そこでも伐採は行われていて徐々に棲息範囲は狭まり続けている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


タンザニア
モロゴロ州
ウルグル自然保護区(Uluguru Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク