絶滅危惧種のハイムネヤブドリを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 鳥類 > スズメ目 > ハイムネヤブドリ

ハイムネヤブドリ


ハイムネヤブドリ

和名 : ハイムネヤブドリ
学名 : Liocichla omeiensis
分類 : スズメ目ヒタキ科
分布地域 : 中国(四川省)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



鳥アイコン 形態
ライン


全長約18cm。
体毛は全体的に灰色で翼に赤、黄色、黒の部分がある。

鳥アイコン 生態
ライン


主に峨眉山の標高1400m~2400mの森林に棲息している、冬季は1000m以下に降りてくる。

食物は果実や昆虫を食べる。

繁殖に関する情報はない。

スポンサーリンク


鳥アイコン 状況
ライン


農地拡大や木材の為の森林伐採によって峨眉山以外の地域では棲息地の大半が失われている。
また、少数だが密猟されていると言う報告もある。
個体数は多くとも1万羽と推定されている。

鳥アイコン 棲息している保護区
ライン


中国
四川省
峨眉山(Mount Emei)

大風頂自然保護区(Dafengding Nature Reserve)

老君山自然保護区(Laojunshan Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク